CORE 活動情報

活動情報

COREの主な活動はハイブリッドロケットの製作・打上実験と宇宙教育です.
ハイブリッドロケットの打上実験では,ミッションの策定から始まり,機体や搭載計器の設計製作,シミュレーション等による計算を行ったうえで安全な実験に臨みます.現在は年3回の実験を経て,モノづくりに関する知識や技術だけではなく論理的な思考やチームマネジメントについても学ぶことを目標としています.また,大学生だけでなく宇宙好きの子どもたちや,中高生向けの宇宙教育も実施することで世界の航空宇宙産業がより活発になることを望んでいます.

打上実験宇宙教育現在進行中のプロジェクト過去のプロジェクトスケジュール

ハイブリッドロケットの製作・打上は,8月に能代宇宙イベント,3月と11月に伊豆大島共同打上実験に参加し行っています.製作期間は打上月の約3ヶ月前からスタートし,それぞれの安全審査を通過したうえで打上を行います.

秋田県能代市で毎年8月に行われる航空宇宙開発関係のイベント.全国各地の大学からサークルや研究室が参加し,ハイブリッドロケット実験のほかにも,火薬を推進剤とするモデルロケットの実験,CanSat(模擬人工衛星)の投下実験などの様々な実験や競技が行われます.COREは4月に入部した新入生が中心となって製作したロケットを打ち上げています.

能代宇宙イベント公式HP(http://www.noshiro-space-event.org/

伊豆大島共同打上実験は11月と3月に行われる実験.運営が学生主体であり,COREの他に東京工業大学や九州大学,千葉工業大学,社会人チーム,高校生チームなどが参加.2013年度から実験のイベント化を行っています.

伊豆大島共同打上実験公式HP(http://izuoshimarocket.wixsite.com/izuoshimarocket

宇宙教育は小学生から高校生を対象に,不定期で行っています.
内容は主にモデルロケットの製作講座や,カメラのフィルムケースで作れるミニロケットの製作講座などが主です.
この他にも,要望等ございましたらいつでも受け付けております.

フィルムケースを使った小型のロケット製作.燃料には無水エタノールを使用しており,小さなお子様でも安全に製作・打上を行うことができます.
現在,8月の能代宇宙イベント内の団体ブースと,11月に慶應義塾大学日吉キャンパスで行われる日吉フェスタで行っています.

現在進行中のプロジェクトです.

このプロジェクトでは一からハイブリットロケットエンジンの開発を行っています.エンジン本体の設計,製作から燃料の性能計算まで全て自分たちで進めています.プロジェクトの構想は2013年頃から始まり,約4年の年月を経て2017年2月16日に自団体初の独自開発ハイブリッドロケットエンジン"CAMELLIA"の燃焼試験を初成功させました.2018年2月17日には改良型エンジン"LARKSPUR X"の燃焼試験を成功させました.2018年3月の伊豆大島共同打上実験ではロケットに我々の作ったエンジン"LARKSPUR X"を搭載して打ち上げることを目指しています.今後も,長期的に自作エンジンの開発プロジェクトを継続させていく予定です.

2018年3月に行われる第14回伊豆大島共同打上実験にてハイブリッドロケット2機の打上予定です.1機は自団体初の独自開発エンジンを搭載したロケット.もう1機は機体上部をモデルロケットエンジンを搭載したロケットにした多段式ロケットを打上予定です.

過去のプロジェクトです.

第13回能代宇宙イベントにてハイブリッドロケット2機とCanSatのランバック競技に1機,参加させていただきました.ロケットは3月大島共同打上実験にて独自開発エンジンを搭載したロケットの打上を想定とした技術習得を目的したロケットと飛翔中に機体色が変化する個性的な機能を持つロケット,CanSatは目標地点に自動で移動する自律制御機能を持つCanSatを製作しました.

2017年11月に行われた第13回伊豆大島共同打上実験ではハイブリッドロケット1機の製作を行いました.安全性を考えながら機体の軽量化を進めて製作し,高高度に到達するロケットを打上予定でしたが,期間中に打ち上げることはできませんでした.

COREの2ヶ月後までの活動スケジュールです.(表示されない場合は1度別の月を選択すると表示されます)

※)予定は急に変更される場合がございます.詳しくはお問い合わせください.

読み込み中... 読み込み中...